世界は「萌え」に満ちている! BL好きと乙女ゲー好きで話してみた

異彩を放ち続ける漫画家・カレー沢薫さんとBL研究家の金田淳子さん。男女の恋愛に萌えるカレー沢さんと男同士の関係に燃える金田さんが今同時にハマっているのが、ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。まったく違う嗜好の2人が同時に楽しめる理由は何なのでしょうか。ゲーム×オタク女子対談第1回です。

記事 3 件

著者プロフィール

カレー沢薫

カレー沢薫かれーざわ かおる

1982年生まれ。OL兼漫画家・コラムニスト。2009年に『クレムリン』(講談社)で漫画家デビュー。自身2作目となる『アンモラル・カスタマイズZ』(太田出版)は、第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品になぜか選出され、担当編集ならびに読者が騒然となった。その後も多くの連載を抱え、日々、Twitterでのエゴサーチと読者交流を欠かさない。単行本発売後、文庫化もされた初のコラム集『負ける技術』(講談社)が続々重版中。

金田淳子

金田淳子かねだ じゅんこ

社会学者。やおい・ボーイズラブ・同人誌研究家。1973年富山県生まれ。東京大学法学部を卒業後、文学部に学士入学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学)。共著に『文化の社会学』(佐藤健二・吉見信哉編著、有斐閣、2006年)の「第十章 マンガ同人誌 解釈共同体のポリティクス」。ひげ・めがね・老人・武将・ヘタレ・年下攻が大好物。ジェンダー論、社会学の視点から、やおいを研究している。

他の連載