テンパらない」技術

「あれもやっておかないと……、そういえばこれが先だった(バタバタ)」
「なんでこんなときに人身事故なんだよ!会議に間に合わない!」
このように余裕を失っている人、最近多くないでしょうか。「テンパらない技術」を知っておけば、まったく「テンパらない」聖人君子になるのはムリかもしれませんが、「あまりテンパらない人」にはなれます。一一一好評発売中の『〔図解〕「テンパらない」技術』から一部を公開します。

記事 8 件

著者プロフィール

西多昌規

西多昌規にしだ まさき

精神科医・医学博士。自治医科大学・講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。国立精神・神経医療研究センター病院、ハーバード・メディカル・スクール研究員、東京医科歯科大学・助教などを経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など、資格多数。これまでに数多くの患者を臨床現場で診察するだけでなく、脳機能を向上させる脳・睡眠研究の学術論文を発表し、成果を上げる。記憶・運動機能や感情コントロール、睡眠、コミュニケーション術に詳しい。精神科産業医として、企業のメンタルヘルスの問題にも取り組んでいる。医学生・研修医の教育にも力を注いでおり、講演や雑誌、テレビの取材など一般向けのアウトリーチ活動も精力的にこなしている。 主な著書に『「テンパらない」技術』(PHP文庫)、『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』『休む技術』(ともに大和書房)、『眠る技術』(だいわ文庫)、『病んだ部下とのつきあい方』(中公新書ラクレ)、『疲れる相手の話をきちんと聞く49のコツ』(実務教育出版)など多数がある。