思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳

仕事がうまくいかない……。ビジネスパーソンであれば、誰もが経験する悩みです。仕事が思ったように進まず、安定的なパフォーマンスを発揮できなければ、ストレスも溜まりますし、会社に行くのも辛くなってしまいますよね。その原因は、能力? スキル? モチベーション? 人間関係? ……などいろいろ考えられますが、実は、「脳の使い方」にあるのかもしれません。仕事で高パフォーマンスを発揮するための脳の使い方を、作業療法士として生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を行っている菅原洋平さんがレクチャーしていきます。

記事 11 件

著者プロフィール

菅原洋平

菅原洋平すがわら ようへい

作業療法士。ユークロニア株式会社代表。青森県生まれ。国際医療福祉大学卒業後、作業療法士免許を取得。民間病院精神科勤務後、国立病院機構にて、脳のリハビリテーションに従事。脳の回復には、睡眠が重要であることに着目して臨床実践をする。また、障害者の復職支援を行う中で予防の必要性を強く意識する。病気予防を、面白く魅力的にするため、生体リズムを活用して企業の業績を高めるビジネスプランを作成し、SOHOしずおかビジネスプランコンテストにて、最優秀賞を受賞。その後、ユークロニア株式会社を設立。企業を対象に、生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を、精力的に行う。