くぐもったドラム』発売記念インタビュー

『エス』『DEADLOCK』『ヘブンノウズ』など、人気BL小説シリーズを数々手掛け、日本のボーイズラブ界を代表する小説家・英田サキさん。そんな英田さんが、今回、海外BLとして話題のジャンルM/Mロマンスのの“超訳(翻訳小説再構築)”に取り組みました。その作品『くぐもったドラム』の刊行を記念した3時間のロングインタビューの内容をcakesでもお届け。まずは英田さんの、子供時代からの読書遍歴のお話です。(文責/ハーレクインラブシック担当)

記事 4 件

著者プロフィール

英田サキ

英田サキあいだ さき

雑誌「June(サン出版)」に連載されていた「中島梓の小説道場」出身のBL人気作家。2002年「傷痕(小説June)」でデビュー。代表作『エスシリーズ(大洋図書)』では、刑事とやくざの男同士の愛と確執を描き、大ヒットした。現在は、BL小説界にとどまらず、多方面のジャンルで意欲的に執筆している。