セーラームーン世代」を語り尽くす!

90年代に大人気だった『美少女戦士セーラームーン』。その人気は20年経った今も衰えることを知らず、新アニメの放送や関連グッズの発売も話題になっています。当時リアルタイムでセーラームーンを視聴していた少女たちは、今やアラサー世代。知らず知らずのうちに思想も、恋愛への向き合い方もセーラームーンから多大な影響を受けていた!? そんな「セーラームーン世代」の実態を、作品を紐解くことで明らかにしていく女子論の連載、スタートです。

記事 18 件

著者プロフィール

稲田豊史

稲田豊史いなだ とよし

 1974年生まれ。編集者、ライター。映画配給会社ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ)に入社後、キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。映画をはじめとしたコンテンツレビュー、エンタメビジネス記事、ルポ、コラム、書籍編集などを手掛ける。  著書は『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く』(イースト・プレス)。おもな編集書籍は『押井言論 2012-2015』(押井守・著/サイゾー)、『ヤンキーマンガガイドブック』(DU BOOKS)、『団地団 ~ベランダから見渡す映画論~』(大山顕、佐藤大、速水健朗・著/キネマ旬報社)。 「サイゾー」「ビジネス+IT」「SPA!」「女子SPA!」などで執筆中。 【WEB】http://inadatoyoshi.com

他の連載