吉上亮『PSYCHO-PASS GENESIS』刊行

縢秀星、宜野座伸元ら〈シビュラシステム〉から疎外された者たちを描いた人気アニメのノベライズ『PSYCHO-PASS ASYLUM(全2巻)』。その著者である吉上亮氏が、〈シビュラシステム〉の根幹に迫る衝撃の新ノベライズシリーズ『PSYCHO-PASS GENESIS』を開始しました。本書に収録されていない著者あとがきを、〈SFマガジンcakes版〉にて公開します。

記事 2 件

著者プロフィール

吉上亮

吉上亮よしがみ りょう

1989年埼玉県生まれ。小説家。2013年に『パンツァークラウン フェイセズ』(全3巻/ハヤカワ文庫JA)を三ヶ月連続で刊行し、作家デビュー。 2014 年6月よりS-Fマガジン誌面にて、TVアニメ『PSYCHO-PASS』のスピンオフノヴェライズを5ヶ月連続で集中連載。同年9月・11月に連載をま とめた単行本『PSYCHO-PASS ASYLUM』(全2巻/早川文庫JA)を刊行。さらに書き下ろし長篇『PSYCHO-PASS GENESIS』を2015年年2月より順次刊行予定。その他、マンガ・ゲームなどの各分野での執筆活動も展開中。