たった一度の人生を変える勉強をしよう

暗記中心の「勉強」は、もはや役に立たない。では、かわりに何を学べばいいのか? 世の中の様々な問題を学習する「よのなか科」の生みの親である藤原和博さんが、中高生とその親のために書き下ろした新刊、『たった一度の人生を変える勉強をしよう』(朝日新聞出版)の内容の一部を、3月6日の発売に先駆けcakesでいち早くお届けします。

記事 20 件

著者プロフィール

藤原和博

藤原和博ふじはら かずひろ

教育改革実践家。杉並区立和田中学校・元校長、元リクルート社フェロー。 1955年東京生まれ。自ら創設した「よのなか科」を普及させることで社会にはびこる「正解主義・前例主義・事なかれ主義」をぶっ壊し、停滞する日本を変えようとする教育者。78年東京大学卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長などを歴任後、93年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間人校長として、杉並区立和田中学校の校長を務める。08年~11年、橋下大阪府知事の特別顧問。14年から佐賀県武雄市特別顧問に。一貫して、新しい時代の新しい教育をつくるために、教育改革の現場で先頭を走り続けている。『つなげる力』『ビミョーな未来をどう生きるか』『35歳の教科書』『坂の上の坂』『必ず食える1%の人になる方法』など、学びや人生の意味を問い直す著書多数。詳しくは「よのなかnet」まで。 Twitter:@kazu_fujihara