生きにくい世の中をどう生きる?

人と人との距離を近づけたかに思える、SNSの発達。しかし、「あいつは俺より恵まれてる」といった妬みや、「あいつがむかつく」といった怒りが可視化され、溢れかえってギスギスしているのも事実です。ネガティブな感情むき出しの言葉で個人を攻撃する「炎上」も、めずらしいものではなくなりました。自分と違う人々と、少しでも良い関係を育てていくにはどうしたらよいのでしょうか? 自分と違うことだらけの外国で長く暮らしてきた『どうせなら、楽しく生きよう』著者の渡辺由佳里さんと、米ニュージャージー州在住の作家・ジャーナリストで『アイビーリーグの入り方』著者の冷泉彰彦さんが考えていきます。

記事 4 件

著者プロフィール

渡辺由佳里

渡辺由佳里わたなべ ゆかり

エッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家。兵庫県生まれ。助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。ブログ「洋書ファンクラブ」は、多くの出版関係者が選書の参考にするほど高い評価を得ている。2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)はベストセラーに。 公式ブログ:http://watanabeyukari.com/

冷泉彰彦

冷泉彰彦れいぜい あきひこ

ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

他の連載