ぼくはいつも闘ってきた—堀江貴文自叙伝

23歳で起業してから寸暇を惜しんで働き、さまざまな事業をたちあげてきた堀江貴文さん。しかし、2006年1月に逮捕され、2011年6月からの約1年9ヶ月を刑務所で過ごすことになります。自分の好きなことを自由にできなくなったその期間に、堀江さんが決心したのが自叙伝を書くこと。横書きの便箋に鉛筆を走らせて書いた草稿をもとに完成したのが、2015年1月15日発売の『我が闘争』です。cakesではその内容の一部を特別公開いたします。ベストセラーとなっている自伝的著書『ゼロ』とあわせてお楽しみください。

記事 6 件

著者プロフィール

堀江貴文

堀江貴文ほりえ たかふみ

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。 ライブドア代表取締役CEOだった2006年、証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6ヶ月の実刑判決が下る。2011年6月収監、13年3月仮釈放、同年11月刑期満了。 現在は、ロケットエンジンの開発を中心に、スマホアプリのプロデュース、有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の配信、会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の運営など、幅広く活躍。 著書に『拝金』『成金』『君がオヤジになる前に』『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』『君はどこにでも行ける』(以上、徳間書店)、『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』(小学館)、『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』(ぴあ)など多数。

他の連載