人間を理解したい!」という欲望—石川善樹インタビュー

予防医学研究者である石川善樹さんが出版した『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』(マガジンハウス)が話題を呼んでいます。石川さんは東京大学医学部を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院を修了。最近では、NHK「NEWS WEB」の金曜ナビゲーターとしても活躍しています。cakesでも連載している『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』では、他者とつながりを持つことこそが長生きする秘訣だという研究成果を紹介し、大きな反響を得ました。我々が幸せで長生きする人生を送るためには、どういう心掛けが必要なのか、話を聞きました。

記事 3 件

著者プロフィール

石川善樹

石川善樹いしかわ よしき

予防医学研究者、博士(医学) 1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事。 「人がよく生きる(Good Life)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学、概念工学など。 近著は、『考え続ける力』(ちくま新書)、『継続とは「小さな問い」を立てること DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文』(ダイヤモンド社)など。

他の連載