還暦を過ぎても元気でおしゃべりできるワケ

80歳を迎えながらも現役で活躍し、先日は熱愛報道も話題になった、ジャーナリストの田原総一朗さん。その元気の秘訣を明かした新刊『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』(角川oneテーマ21)の刊行を記念して、68歳でも現役で活躍している女優の鳳蘭さんとの対談が実現しました。宝塚時代からトップスターとしてステージに立ち続けている鳳さんの若さの秘密とは?

記事 2 件

著者プロフィール

田原総一朗

田原総一朗たはら そういちろう

1934年滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平をひらく。著書に『日本の戦争』(小学館)、『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』(講談社)、『私が伝えたい日本現代史』シリーズ(ポプラ新書)などがある。

鳳蘭

鳳蘭おおとり らん

女優。兵庫県神戸市生まれ。「花のふるさと物語」で宝塚歌劇団の初舞台を踏む。以来、星組の男役トップスターを務める。1979年8月に退団、ミュージカルを中心に数多くの舞台作品に出演、日本のミュージカル界を代表するエンターティナーであるとともに「鳳蘭レビューアカデミー」の校長として後進の指導にあたっている。

他の連載