IT革命と恋愛市場の変相—藤沢数希インタビュー

非モテ男子・結婚できない女性の増加の真相、科学が解き明かすモテのメカニズムとは……。
メルマガ「週刊金融日記」で科学や金融工学の知見をもとにした「恋愛工学」を展開し、多くの読者から支持を得ている藤沢数希さん。現在、小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」をケイクスで連載中の藤沢さんに小説執筆の経緯、現在の恋愛市場の抱える問題についてお聞きしました。

記事 6 件

著者プロフィール

藤沢数希

藤沢数希ふじさわ かずき

作家。理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得し、欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事してきた。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもあり、人気ブログ『金融日記』の管理人。メールマガジンの『週刊金融日記』も評判で、ツイッターのフォロワー数は現在9万人以上にものぼる。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(以上、ダイヤモンド社)などがある。 藤沢数希 | note 『週刊金融日記』 | note

他の連載