イマ輝いているひと、門脇麦「いつまでも、『怖いもの知らず』な女優でいたい」

話題作『愛の渦』で見せた乱交パーティ参加する内気な女子大生役。一方、10月25日公開の映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』では親の反対を振りきって、青森から一人で上京する明るい女の子を演じるなど、幅広い役どころで注目を浴びる若手女優・門脇麦さん。どんな作品でも発揮されるその類まれな存在感から、様々な作品にひっぱりだこです。そんな彼女に、プロのバレエダンサーを目指していた幼少期から、女優を目指したきっかけ。そして、その素顔に迫ります。

記事 2 件

著者プロフィール

門脇麦

門脇麦かどわき むぎ

女優。1992年生まれ。東京都出身。3歳からクラシックバレエを始め、プロダンサーを目指すが、14歳でプロの道を断念。その数年後、女優に転身。2011年にテレビドラマでデビュー。その後、映画やドラマ、舞台など幅広いジャンルで活躍。映画『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』、『愛の渦』など、話題作に多数出演。今年10月25日公開の映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』をはじめ、来年には映画『アゲイン 28年目の甲子園』や舞台『狂人なおもて往生をとぐ ―昔 僕達は愛した―』、NHK『連続テレビ小説 まれ』にも出演が決定。