新しい復興のかたち—被災地で見つけた不思議な建物「潮目」

岩手県越喜来(おきらい)市には不思議な建物があるらしい――。東日本大震災の爪あとを色濃く残したその場所に、子どもと老人をつなげ、外からやって来る人と被災者をつなげる不思議な建物「潮目」はあります。越喜来で建設業を営む片山和一良さんの発案により、子供達の絵の掲示板を作ることからはじまり、公園、ゲートボール場、そしてついに完成した津波資料館「潮目」。2011年からボランティアとして関わり、変遷を見続けてきた写真家・中村紋子さんに越喜来の魅力を存分に語っていただきました。

記事 2 件

著者プロフィール

中村紋子

中村紋子なかむら あやこ

写真家・画家・イラストレーター。“チームオキライ”一員としても活動中。写真家としては写真集『Silence』(メディア・パル)を刊行(2011年)。 twitter:@ayaconakamura