タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の顔」のタモリもまた、強い支持を受けています。しかし、タモリがタレントになるまでなにをしていたのかは、あまり知られていません。自分のことを語りたがらないタモリが残した、数少ない過去についての発言や、タモリ周辺の人の発言を元に、タモリの半生をたどります。終戦の年に生まれた「森田一義」が、いかにして「タモリ」になったのか。その足跡を戦後史とともに歩き振り返るノンフィクションです。

記事 46 件

著者プロフィール

近藤正高

近藤正高こんどう まさたか

ライター。著書に『私鉄探検』(ソフトバンク新書)、『新幹線と日本の半世紀』(交通新聞社新書)がある。 ブログ:Culture Vulture Twitter:@donkou

他の連載