イマ輝いているひと、市川春子「ダイヤの一億年を考えながら、人間の秘密を探してる」

「今から遠い未来、僕らは『宝石』になった」。デビュー作で、手塚治虫文化賞新生賞を受賞し、寡作ながら天才との呼び声も高い市川春子さんが、初めての長編連載『宝石の国』で大きな変化を遂げています。期待の長編がどのような思いから生まれたのか。市川さんの静かですが、凛と澄んだ言葉に耳を澄ませてみました。

記事 2 件

著者プロフィール

市川春子

市川春子いちかわ はるこ

投稿作『虫と歌』でアフタヌーン2006年夏の四季大賞受賞後、『星の恋人』でデビュー。初の作品集『虫と歌 市川春子作品集』が第14回手塚治虫文化賞 新生賞受賞。2作目の『25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ』がマンガ大賞2012の5位に選ばれる。両作品ともに、市川氏本人が単行本の装丁を手がけている。