世界は「ふつう」じゃない―岩井志麻子×牧村朝子対談

レズビアンであることを公言し、フランスで同性婚も果たしたタレントの牧村朝子さん。彼女が昨年刊行した『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の多様な性のあり方についての基礎知識を優しく親身に説明し、好評を得ています。そんな牧村さんのcakesでの連載スタートを記念して、作家の岩井志麻子さんとの対談が実現。常に性のタブーに切り込み、世の中の「ふつう」を笑い飛ばしてきた岩井さんが、牧村さんと語る「性」そして「愛」のかたちとは? 全3回でお届けしていきます。(構成・小池未樹)

記事 3 件

著者プロフィール

牧村朝子

牧村朝子まきむら あさこ

1987年生まれ。タレント、文筆家。2010年、ミス日本ファイナリスト選出をきっかけに、杉本彩が社長を務める芸能事務所「オフィス彩」に所属。2013年、フランスでの同性婚法制化とともに、かねてより婚約していたフランス人女性と結婚。現在はフランスを拠点に、各種媒体への執筆・出演を続けている。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに"レズビアンって何?"って言われること」。著書『百合のリアル』(星海社新書)、マンガ監修『同居人の美少女がレズビアンだった件』(イースト・プレス)。

岩井志麻子

岩井志麻子いわい しまこ

作家。1964年、岡山県生まれ。高校在学中に入選し、少女小説家を経て、『ぼっけえ、きょうてえ』で日本ホラー小説大賞受賞。作家としてだけでなく、『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーなど、多方面のメディアで活躍している。

他の連載