大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない

東大、早稲田、慶應がフィリピンの大学に負ける!? 世界中で学生の獲得競争が起こっている中、期待に答えられていない日本のエリート大学の現状に警鐘を鳴らす、新刊『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』。本連載ではその本文一部を紹介していきます。

記事 5 件

著者プロフィール

山内太地

山内太地やまうち たいじ

教育ジャーナリスト。 東洋大学社会学部社会学科卒。理想の大学教育を求め、47都道府県14か国及び3地域の880大学1170キャンパスを見学。日本国内の4年制大 学783校をすべて訪問(2012年度現在)。北はケンブリッジ、南はジャカルタ、西はリスボン、東はマサチューセッツ州まで足を運ぶ。 現在は、教育問題を専門に執筆活動等をしており、これまでに、朝日新聞、読売新聞、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、AERA、週刊朝日、サンデー毎日、プレジデント、プレジデントファミリー、女性自身など、多数の媒体に連載・寄稿している。また、高校生・大学生の進路指導から、大学の経営・入試広報まで講演を多数実施している。 著書に『アホ大学のバカ学生』(光文社新書・共著)『時間と学費をムダにしない大学選び2014』(中央公論新社・共著)『22歳負け組の恐怖』『東大秋入学の衝撃』(以上、中経出版)などがある。 Twitterアカウント:@yamauchitaiji