仕事と自由

株式会社paperboy&co.の創業者であり、JASDAQ最年少上場社長としても知られる起業家・クリエイターの家入一真さん。現在、普段は別の仕事を持つメンバーが集まり、共同で自分たちの作りたいものを作るモノづくり集団「Liverty」を立ち上げ、リアルやネットを問わず新しいビジネスやウェブサービスを創り続けている。今回は『世界を動かす1%の君へ』と銘打ち、自由な働き方と生き方、独自の組織論、常識を疑って生きていくスタンスについて、熱く語ってもらった。(聞き手・イケダハヤト)

記事 5 件

著者プロフィール

家入一真

家入一真いえいり かずま

1978年生まれ。企業家/投資家/クリエイター。悪ふざけをしながら、リアル・ネットを問わず、カフェやWEBサービスや会社など、遊び場を作りまくっている。JASDAQ最年少上場社長。40社程の若手ITベンチャーにも投資している。解放集団Liverty代表、JASDAQ上場企業paperboy&co.創業者、カフェ運営企業partycompany Inc.代表取締役、ベンチャー投資企業partyfactory Inc.代表取締役、クラウドファンディングCAMPFIRE運営企業ハイパーインターネッツ代表取締役。個人名義でも多数のウェブサービスの立ち上げを行うクリエイターでもある。著作に『もっと自由に働きたい』(ディスカヴァートゥエンティワン)『新装版 こんな僕でも社長になれた』(イーストプレス)。 Twitter:@hbkr

他の連載