トラウマ恋愛映画入門』発売記念! 町山智浩インタビュー

「男はみんな恋愛のアマチュアだ」。これまで、できるだけ恋愛映画を避けてきたという映画評論家・町山智浩さんが、その恋愛映画と真正面から向き合った評論集『トラウマ恋愛映画入門』(集英社)を上梓されました。発売を記念して、cakesで「およそ120分の祝祭」を連載している伊藤聡さんが町山さんをインタビュー! 「甘くない」恋愛映画ばかりを集めた本書から、我々はなにを学べばいいのか。男はいつまでたっても恋愛の「免許」がとれないのか。恋愛をする人=すべての人に見て欲しいインタビューを、前中後編に分けてお届けします!

記事 3 件

著者プロフィール

町山智浩

町山智浩まちやま ともひろ

1962年生まれ。東京都出身。映画評論家。早稲田大学卒業後、『宝島』『別冊宝島』などの編集を経て、1995年に『映画批評』(洋泉社)を創刊。その後アメリカに移住し、現在カリフォルニア州バークレー在住。著書に『<映画の見方>がわかる本』(洋泉社)、『ブレードランナーの未来世紀』(洋泉社)、『トラウマ映画館』(集英社文庫)、『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文春文庫)、『本当はこんな歌』(アスキー・メディアワークス)など多数。TOKYO MXテレビ「松嶋×町山 未公開映画を見るテレビ」、TBSラジオ「たまむすび」レギュラー。 ブログ:ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 Twitter:@TomoMachi

伊藤聡

伊藤聡いとう そう

ブロガー。映画や海外文学を中心に多くの文章を発表している。著書に『生きる技術は名作に学べ』(ソフトバンク新書)がある。 ブログ:空中キャンプ Twitter:@campintheair

他の連載