吉田尚記×柿内芳文『嫌われる勇気』特別対談

世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる――。そんな主張を展開する「アドラー心理学」の入門書『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健著)が、12月5日にダイヤモンド社から刊行されます。それに先立ちcakesでは、本書の全内容を掲載する「劇薬」連載をスタート!  今回は、連載開始を記念して、担当編集者の柿内芳文さんと、18歳のころから生粋の「アドレリアン」だというニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記さんに、その魅力を語っていただきました。

記事 1 件

著者プロフィール

吉田尚記

吉田尚記よしだ ひさのり

ニッポン放送アナウンサーにして、日本初のツイッターの公式ナビゲーションサイト「ツイナビ」公認アナウンサー。99年の入社以来、今に至るまでオールナイトニッポンほか深夜放送のパーソナリティをつとめ続けている。現在は毎週月曜日から木曜日深夜24時から放送中のワイド番組『ミューコミ+プラス』を担当中。放送業界で1、2を争うアニメやゲームなどのオタクとしても有名で、ニコ生やTV番組への出演、マンガ大賞の発起など、ラジオにとどまらない活動を行なっている。 Twitter:@yoshidahisanori

柿内芳文

柿内芳文かきうち よしふみ

2002年光文社に入社し、光文社新書編集部で『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉)などを編集。2010年星海社に移り「星海社新書」レーベルを立ち上げ、『武器としての決断思考』(瀧本哲史)などを編集。フリーランスとして『ゼロ』(堀江貴文)『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健共著)を編集したのち、2013年12月にコルクに入社。現在は『インベスターZ』を連載中の漫画家 三田紀房の担当。 Twitterアカウント:@kakkyoshifumi‎

他の連載