死にたくないあなたへ—八代嘉美×海猫沢めろん特別対談

不老不死は可能なのか――。誰もが一度は考えたことがあるそんな問いについて、再生医療の研究者・八代嘉美さんと人気作家・海猫沢めろんさんが、真っ正面から語り合った新書『死にたくないんですけど iPS細胞は死を克服できるのか』(ソフトバンク新書)が発売されました。両氏は大のSF好きとしても知られ、本書の企画が立ち上がる前から旧知の仲だったそうです。フィクションの想像力と最先端の生命科学は、今後どのように交差していくのか。SFの話を軸に、本著の魅力を語っていただきました。(聞き手・構成:宮崎智之、撮影:市村岬)

記事 1 件

著者プロフィール

八代嘉美

八代嘉美やしろ よしみ

1976年生まれ。京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門特定准教授。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、博士(医学)。東京女子医科大学特任講師、慶應義塾大学特任准教授などを経て現職。専門は幹細胞生物学。再生医療研究とSF小説などを中心とするポピュラーカルチャーを題材に、「文化としての生命科学」の確立を試みている。著書に『増補iPS細胞 世紀の発見が医療を変える』(平凡社新書)、共著に『再生医療のしくみ』(日本実業出版社)などがある。 Twitter:@Yashiro_Y‎

海猫沢めろん

海猫沢めろんうみねこざわ めろん

1975年生まれ。文筆家。さまざまな職業を体験した蓄積を生かし、小説やエッセイなどの分野で活躍中。著書に、『左巻キ式ラストリゾート』(星海社文庫)、『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』(講談社)、『夏の方舟』(角川書店)、『キッズファイヤー・ドットコム』(講談社)などがある。アナログゲームメーカー「RAMCLEAR」代表。

他の連載