未来はすでにここにある—川田十夢インタビュー

AR(拡張現実)を自在に操り、「楽しい自販機」アプリから「拡張現実ミュージカル」まで、世の中をわくわくさせる発明を発表しつづけている開発ユニット「AR三兄弟」。その長男である川田十夢さんがcakesに再登場。「ARは現代のSFだ」と語る川田さんが、ARを使って実現したいこととは? 注目のインタビューです。

記事 2 件

著者プロフィール

川田十夢

川田十夢かわだ とむ

開発ユニット「AR三兄弟」の企画・設計者。公私共に長男。デザインチームALTERNATIVE DESIGN++主宰。AR(拡張現実)の技術で、雑誌、アニメ、アート、玩具、ファッション、お笑いなど、さまざまなものを「拡張」してきた。アイドルを拡張したときは自らもCMに出演し、話題となる。真剣に「かめはめ波」を出そうとする、傘で空を飛ぼうとマンションの8階から飛び降りるなど、子どもの頃から現実と物語の区別がつかなかった。区別がつかないまま大人になり、物語と現実をつなぐ企画を実現させて続けている。著書に『AR三兄弟の企画書』(日経BP)がある。 Twitter:@cmrr_xxx ALTERNATIVE DESIGN++

他の連載