上野で2時間で学びなおす日本美術史

気になった企画展などに行ってみるけれど、いまいち作品の魅力を味わいきれていないように思っているあなた。美術史の大まかな流れを知れば、アートはもっと楽しく鑑賞できます。『上野で2時間で学びなおす西洋美術史』(星海社新書)で登場したアート鑑賞のプロ“アート・コンシェルジュ”が今回紹介してくれるのは日本美術史のあらまし。なんと、上野にある東京国立博物館をひと巡りするだけで、その全貌をなぞれるんです。アート・コンシェルジュと、その依頼人であるアート初心者の女性といっしょに、「トーハク」を旅しましょう。

記事 4 件

著者プロフィール

山内宏泰

山内宏泰やまうち ひろやす

ライター。美術、写真、文芸その他について執筆。著書に『写真のフクシュウ 荒木経惟の言葉』(パイインターナショナル)『写真のフクシュウ 森山大道の言葉』(パイインターナショナル)『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)『写真のプロフェッショナル』(パイ インターナショナル)『G12 トーキョートップギャラリー』(東京地図出版)『彼女たち』(ぺりかん社)など。東京・代官山で毎月第一金曜日、写真について語るイベント「写真を読む夜」を開催中。東京・原宿のスペースvacantを中心に、日本写真を捉え直す「provoke project」開催中。 公式サイト:http://yamauchihiroyasu.jp/

他の連載