ピストルズ』文庫化記念 阿部和重インタビュー 

『ピストルズ』の文庫化を記念して、評論家の佐々木敦が阿部和重へのインタビューを行いました。 講談社の月刊文庫情報誌『IN★POCKET』に掲載されたインタビューを、cakesでは全文公開! 自身の小説について語る阿部和重の言葉を、全5回に渡ってお送りします!

記事 5 件

著者プロフィール

佐々木敦

佐々木敦ささき あつし

1964年生まれ。評論家、早稲田大学文学学術院文化構想学部教授、雑誌「エクス・ポ」「ヒアホン」編集人。文芸評論、映画評論、音楽評論などの評論活動を行う。著書に『文学拡張マニュアル ゼロ年代を超えるためのブックガイド』『即興の解体/懐胎 演奏と演劇のアポリア』『小説家の饒舌』『未知との遭遇 無限のセカイと有限のワタシ』『批評時空間』他多数。 Twitter:@sasakiatsushi

阿部和重

阿部和重あべ かずしげ

1968年山形県生まれ。1994年『アメリカの夜』で第37回群像新人文学賞を受賞しデビュー。その後、『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞をダブル受賞、『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、『ピストルズ』で第46回谷崎潤一郎賞を受賞。近作に『クエーサーと13番目の柱』がある。5月8日にリトルモアより新刊『□』(しかく)を刊行。 Twitter:@abekazushige

他の連載