はじめてでもわかる財務諸表 ―危ない会社、未来ある会社の見分け方―

「そもそも利益って何?」――自分は数字が苦手だから、財務諸表なんて読めるわけがない、と思い込んでいる人も大丈夫!仮説を立てながら読むことで、財務諸表はおもしろく読める! 話題企業の決算書を例にしながら、その会社の「収益性」「安全性」「将来性」が見えてくるポイントを解説します。
この連載では、PHPビジネス新書『はじめてでもわかる財務諸表』から、そのエッセンスをご紹介します。

記事 9 件

著者プロフィール

小宮一慶

小宮一慶こみや かずよし

経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。十数社の非常勤取締役や監査役も務める。1957年、大阪府堺市生まれ。1981年、京都大学法学部卒業。東京銀行に入庁。1984年7月から2年間、米国ダートマス大学経営大学院に留学。MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間の1993年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。1994年5月からは、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。1996年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。主な著書に『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』『どんな時代もサバイブする会社の「社長力」養成講座』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』(東洋経済新報社)、『決算書速習教室』『一番役立つ!ロジカルシンキング』『朝90分早く起きる人のプロ仕事術』(以上、PHP研究所)など多数。 小宮コンサルタンツ ホームページ :http://www.komcon.co.jp/ Facebook:http://www.facebook.com/komiyaConsultants