激論240分!! 勝利のための方程式

「高校野球」「女子マネ」に「経営論」を組み合わせた小説『もしも高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら』で270万部を超える社会現象を起こした岩崎夏海。タブー視されていた「プロ野球」と「カネ」に焦点を当てた漫画『グラゼニ』で、150万部を超えるヒット、漫画ファンのみならず野球界からも絶大な支持を得ている森高夕次。ステレオタイプな“野球コンテンツ”の枠組みを逸脱した作品で大ヒットを生み出した二人が、「成功の極意」と「漫画愛」について、語り合います!

記事 3 件

著者プロフィール

森高夕次

森高夕次もりたか ゆうじ

漫画原作者。別名義「コージィ城倉」で漫画家としても活躍。スポ根ものからラブコメまで、幅広いジャンルを描き、支持を得る。アダチケイジとタッグを組んだ『グラゼニ』が大ヒット。熱心な東京ヤクルトスワローズファン。

岩崎夏海

岩崎夏海いわさき なつみ

作家。1991年、作詞家である秋元康氏に師事。以降、数多くのテレビ番組の制作に放送作家として携わる。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』出版を機に、作家としての活動に軸足を移す。 Twitter:@huckleberry2008

他の連載