独裁者の教養

悪の親玉としてイメージされがちな「独裁者」たち。しかし、彼らは優れていたからこそ「独裁」を行えたはずです。そこで、この連載では、世界を代表する独裁者たちが、若い頃にどのような知識や価値観、思想などの「教養」を得て、それをどう国家支配に反映させたのかを読み解いてゆきます。ある意味では「人生の成功者」である独裁者から大いに学ぶ、革命的連載のはじまりです!

記事 20 件

著者プロフィール

安田峰俊

安田峰俊やすだ みねとし

1982年滋賀県生まれ。ノンフィクション作家、多摩大学「現代中国論」非常勤講師、ブログ「大陸浪人のススメ」管理人。広島大学大学院文学研究科修了。著書『中国人の本音』(講談社)、『独裁者の教養』(星海社新書) 、『中国・電脳大国の嘘』(文藝春秋)など。文娯網『晒蔵』http://cn.cyzo.com/ 特任編集顧問。 Twitter:@dongyingwenren