売れる仕組み 集客の秘密【2】~“個客”を知り尽くせ

「われわれの事業を知るための第一歩は、顧客は誰かという問いを発することである。次に、顧客はどこにいるか、顧客はいかに買うか、顧客にいかに到達するかを問うことである」と、ピーター・F・ドラッカーは『現代の経営』の中で説いた。インターネットやモバイル環境の発達で、顧客の動向はかつてに比べ容易に、正確に、そして大量に捉えることが可能になった。蓄えた顧客データの分析手法も進化している。一方で、ITに頼らず、実際に目で見て体で感じる、行動観察の重要性も高まっている。どんな手法であれ、個々の顧客、いわば“個客”までを知り尽くせば、必ず取るべき手段は見つかる。 ※この連載は、2月16日号に掲載された特集を再編集したものです。Illustration by Tokuhiro Kanoh

記事 9 件

著者プロフィール

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドしゅうかんだいやもんど

2013年に創刊100周年を迎えた『週刊ダイヤモンド』は、書店で一番売れているビジネス誌。昔も今も“ビジネスパーソンのパートナー”として、常に変化する時代をキャッチし、鋭く取材対象に斬り込み、わかりやすく読者にお伝えしてきました。その中から選りすぐりの記事をお届けします。 ※ cakes版では、一部の漢字が簡略体で表記されている場合があります。内容は『週刊ダイヤモンド』本誌の編集当時のものです。

他の連載