3つの世界が融合する時—「コレクターとアーティスト」vol.1

りんかい線の天王洲アイル駅にほど近く、T-art Galleryで新進アーティストたちによるグループ展が開催されています。アートコレクターが若手アーティストをひとり推薦し、それぞれが展示をするという試み。鳥越貴樹さんが推薦する、川内理香子さんの作品、塩入敏治さん推薦の、原良介さんによる展示、笹川直子さんが推薦するアートユニットeje(エヘ)の展示の3組の展覧会になっています。全く違う作品の展示なのですが、同じ空気を纏っているよう。ぜひその心地よさを体感してください。

東京モノレールとりんかい線の天王洲アイル駅にほど近く、T-art Galleryはあります。湾岸地域ですから、東京とはいえ街が広々として、視界が開けています。晴れやかな気持ちでギャラリーへ向かうことができるのはすてきですね。

ここで現在、新進アーティストたちによるグループ展『コレクターとアーティスト』vol.1が開催されています。アートコレクターが若手アーティストをひとり推薦し、それぞれが展示をするというもの。今回は3組のコレクターとアーティストが参加するかたちとなりました。

ひと組ずつ部屋が分かれていて、個展形式で作品が観られます。まずは入口右手の広いスペースへ。コレクター鳥越貴樹さんが推薦する、川内理香子の作品が並んでおります。ことしのはじめ、資生堂ギャラリーで彼女が展示をしたときにもご紹介をいたしましたけど(これ、食べられる? 銀座・資生堂ビルで味わう、強烈な「食」の体験—川内理香子展〈絵画〉)、ごくわずかな描線によって人間の根源的な欲求や感情を表す手際は、相変わらず際立っております。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません