寅さんVSヤギ女?「オランジーナ」CMから見えてくる日本とフランス

フランス生まれの炭酸飲料「オランジーナ」は日本でも大人気ですが、その日本のCMはフランス人から見るととても違和感があるよう。というのも、日本人のフランスに対する間違ったイメージが詰まっているため。いったいどういう違和感があるのでしょうか? そして本場フランスのオランジーナCMの驚くべき内容とは。

日本のオランジーナのCMは「全くフランスらしくない」!?

夏日和になってきたパリのカフェで書き仕事をしていると、テラス席に座ったムッシュが「ぐびぐび、プハァ〜っ」とビールを一気飲み。……と思いきや、よくよくながめるとそれは炭酸飲料水『Orangina』(オランジーナ)でした。

1936年にフランスで生まれ、今ではパリのどのカフェにもおいてあるオランジーナ。ぽってりとした容器の表面には、オレンジの皮のポコポコとした肌触りがちゃんと再現されています。愛らしい形と飽きのこない味に子供から大人まで愛されている飲み物です。

そんなオランジーナ、今「フランスの国民的炭酸」として日本でも販売されて人気ですね。帰国してコンビニに入ったときに、パリで見かける馴染みの商品が並ぶのを見るとなんだかうれしい気分になります。

ところが、日本のオランジーナのCMを見てちょっとびっくりしてしまいました。フランス人も首をかしげる内容だったからです 。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abm オランジーナのCM、フランス版はシュールだな。 2年弱前 replyretweetfavorite

kuma_kuma フランスのオランジーナCM、いかにも外国CMらしく面白い。 http://t.co/nIPiBOeYfo 2年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon パリジャン十色|中村綾花@ayakahan https://t.co/i4NH1Bvk8B フランスで愛される日本の定番お菓子 MIKADO 二宮和也グリコポッキー https://t.co/cfCDPRkHgb 2年弱前 replyretweetfavorite

ayakahan 日本のオランジーナとフランスの広告イメージとテレビCMはこんなに違うんです 2年弱前 replyretweetfavorite