​殊能将之—含羞と韜晦の天才

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 今回は『殊能将之 読書日記 2000-2009 The Reading Diary of Mercy Snow』(講談社)の刊行にあわせ、〈メフィスト〉に掲載された追悼文を再録します。枚数の都合でカットした部分を復活させたオリジナル全長版です。(初出:〈メフィスト〉2013年Vol.1)

『ハサミ男』を初めて読んだ日のことは強烈に覚えている。献辞に知人の名前を見つけて仰天し、もしやこの新人は……? と逸る気持ちを抑えてページをめくり、伊藤典夫らしき人物がテレビ番組〈知ってるつもり!?〉でティプトリーを語る楽屋落ちシーン(重要な伏線でもある)まで読んで、疑念は確信に変わった。XTCにちなんだ題名とこの内容、この完成度からして、“犯人”はあいつしかいない。

 翌日、講談社に電話して、文三の宇山日出臣部長に、
「殊能将之という新人の本名は、もしやT・Tじゃないですか?」
 と訊ねたところ、
「ふふふ。そうだよ」との答え。
 長く消息不明だったがTが元気だったことと、よりにもよってメフィスト賞を選んでデビューしてくれたことがとにかくうれしかった。

 Tは、福井のハードSF少年として高校時代からSFマガジン誌上で名を馳せていたが、3歳年長の僕がTと初めて出会ったのは、彼が大学1年生のころ。1983年秋、名古屋大学のSF研究会に入会したTはたちまち頭角を現し、機関誌の編集や執筆などで八面六臂の活躍を見せていた。音楽と映画とアニメとSFを縦横に切りまくり、映画「ビューティフル・ドリーマー」を論じた「恋のメビウス」、ハードSFを論じた「ハイウェイ惑星はいかに改造されるか?」などの評論群は、ユニークな着眼点と優れた文章センスで全国のSFマニアから高く評価されていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hatebuentertain 殊能将之――含羞と韜晦の天才| 4年弱前 replyretweetfavorite

entame_saishin 殊能将之――含羞と韜晦の天才| 4年弱前 replyretweetfavorite