理想のパートナーをいずこに?

「フィリピンでの起業は、信頼できるパートナーがいないと成立しない」その言葉に、うなずくしかなかった。そこに現れた大阪の不動産業者2人組。果たして信頼できる相手なのだろうか……?

 後から振り返ってみると、まるで何かに導かれていたかのような気がするときがある。すべてのことがあらかじめ決まってきたかのような……。僕のセブ行きは、まさしくそんなふうに進んでいったのだ。

 マレーシアから日本に帰った僕は、再び講演を数件こなした。ある地方都市で講演会場を貸してくださったYさんが、なんと、フィリピン語学学校の日本法人側を運営をしている方だったのだ。講演の後に食事に行き、詳しく話を聞いた。漠然と想像していたことにだんだんと肉がついていく感じ。森山さん、大石さん、友人の息子、そしてこのYさん。不思議な巡り合わせが続いていく。

 Yさんの話で最も印象に残ったのは、「フィリピンでの起業は、信頼できるパートナーがいないと成立しない」という一言だった。確かにその通りだろう。まして僕は拠点がアメリカなのだ。よほど信頼できるパートナーに巡り合わない限り、空中分解は必至に違いない。でも、考えていたってコトは始まらない。

 僕はとりあえず、情報収集を始めてみることにした。幸い、セブ島には一人だけ知り合いがいた。顔の広い人なので、なにかとっかかりができるかもしれない。あまり期待しないようにと自分に言い聞かせながら、連絡を取ってみた。フィリピンでの語学学校設立を検討していること、そして信頼できるパートナーを探していることなどなどを話してみる。すると意外な返事が返ってきた。

「実は松井さんと同じように、パートナーを探している人がいます。」

「どんな方なんですか?」

「大阪で不動産屋さんを営まれている方です。」

「大阪の不動産屋さん?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mtkw_t たいしたもんだよなぁ> 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro フィリピン起業の連載第2話目。今日はパートナー探しの話です。さて、私のパートナーは一体どんな人になるのか? 4年以上前 replyretweetfavorite