格差を超えるために必要なのは“あり方”である

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている僕が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「日本を解散せよ」……、数々の起業を経験した事業家・思想家の山口揚平さんが、新しい時代の新しい成功ルールを紹介します。

日本はあと10年で階層化する

「さて、君はすでに、この国の未来に悲観はしなくなった」

「はい。だいぶ希望が湧いてきました」

「これは、昨日話した『計画・実行・修正』の計画だよ。計画は何も、パソコンで作ることだけではない。未来に思いを馳せ、希望を探す行為だって、大事な計画の1つだ」

「なるほど」

「さて、ここからは、きっと君が気になる話をしよう。君の所屬するコミュニティは世界まで広がっていく」

「どういうことですか?」

「21世紀のコミュニティは土地に縛られない。むしろ考え方や価値観、教養といった個人の内的な傾向で形成されてくるだろう。そしてじわじわと階層化されていく」

「階層……」

「君達のような若い人達が、特に敏感なワード“格差”が生じるんだよ」

「格差社会。確かに、学生時代は、勝ち組だ負け組だって、自分達でプレッシャーをかけてる感じはありましたね」

「昨日の結婚式だってそうだ。君の同級生との再会。お互い密かに牽制し合い、自分は負けてないということをアピールしていたはずだ。でも、それが嫌で君は時計を外しているんだろう」

「はい。あなたから見て、今この国での格差社会って、どこまで進んでいると思いますか?」

「かなり進んでいるね。君は気づいていないかもしれないが」

 僕はがっかりした。

「戦後は民主主義の名のもとに皆中流家庭となっていたが、これからはどんどんと階層が分かれ、階層間の断絶は強くなってくるだろう。今、君達が感じているのは、どんな格差かな」

「一番大きいのは、都会と田舎といった、地域での格差程度でしょうか」

「今後は、地域だけでなく、社会の階層までも分かれてくる」

「社会の階層化かぁ……あまりピンとこないなぁ」

「そうか? 考えてごらん。今も、そこらへんにゴロゴロしているよ。東大に行った人はそのまま官公庁などに入って、その派閥で仕事を得る。有名な私立大学で、付属の高校からそのまま入った人などは、そのコミュニティが強固だから、意外とラクに出世できていたりする。君の会社でも、よく上司達が、入って来る新人の大学のことを話している時ないかい?」

「あ、あります! まず出身校を聞きます」

「コミュニティと階層が一致する部分はあるんだ」

分かれつつある「5つの階層」

「今後、その階層は、大きく5つに分かれるだろう」

「5つですか……」

「地球市民層、都市上位層、都市下位層、地方層、非社会階層だ。すでに地球市民となっている人物、わかるかい?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと

山口揚平

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている自分が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can #格差社会 5年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 うむ。 https://t.co/jalTUtXaPh 5年以上前 replyretweetfavorite

lua_branca あと10年、とても興味深い→ 5年以上前 replyretweetfavorite