元少年Aが手記から利益を得ることを防ぐ方法を、日本政府は今すぐ検討しなければならない

神戸連続児童殺傷事件の加害者・元少年Aの手記出版が大きな波紋を呼んでいます。ネットの書評で一部の内容を読んだMay_Romaさんは大変ショックを受けたのだそう。このように、「犯罪に関する話題で利益を得ることへの疑義」は、日本だけではなく、アメリカ・イギリスでも長い間議論となっているようです。それぞれの事例をご紹介します。

加害者の元少年Aによる手記出版

元少年Aの手記が出版されてしばらくたちました。著者にも太田出版にも1円も落としたくないので、買っていません。すでに読んだ人の描いた書評や、ネットにアップされた書籍のごく一部を「見た」だけなのですが、その内容の残酷さと、自己陶酔全開の内容に、大変なショックを受けて、何日も考え込んでしまいました。

以下は、2006年11月にイギリス内務省から発表された、「犯罪により利益を得ることがないようにする(making sure crime doesn’t pay)というコンサルテーションペーパーの前文ですが、今私が考えていることそのものです。

It is wrong for convicted criminals to profit from their crimes, whether directly from the proceeds of the crime itself or indirectly through cashing in on the story of their crime. It is not only distasteful but contrary to the principles of natural justice that they should be able to exploit for financial gain crimes which have devastated the lives of victims and their families.

犯罪行為から直接でも、犯罪に関する話題で金銭を得るといった間接的なやり方でも、犯罪者が自らが犯した犯罪により利益を得るのは間違いである。不愉快なだけではなく、犯罪を犯すことで利益を得るという、自然の裁きに反することであり、このような行為は、被害者とその家族の人生を荒廃させる行為に他ならない。

書籍の内容もひどいと思いましたが、世の中に、お金さえ儲かって、話題になれば、何をやってもいいのだと考えている人がいたこともショックだったのです。担当編集者による釈明のインタビューがウェブ上で公開されたり、出版までの背景が週刊誌によって報道されたりもしていますが、私にはそう思えました。読者のみなさんはどのように感じられたでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayumi_araki_h 差し止め回収の署名よりこっちの署名活動したほうが良いのでは? 4年以上前 replyretweetfavorite

DORANEKOMARU 犯罪で箔が付くヤクザの例も。→ 4年以上前 replyretweetfavorite

miki_524 元少年Aに印税が入るってのは腑に落ちないよね。。。 くだらない審議してる暇があったら国は何らかの法整備を早急にして欲しい! https://t.co/Zo8mZJzpkl 4年以上前 replyretweetfavorite

harunomusi この件についての賛否には少し考えさせられていたけど、なるほどと思った。 4年以上前 replyretweetfavorite