くらもちふさこ原作、モーニング娘。主演のSFミュージカル開幕

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 今回は書き下ろしでおおくりします。アイドルネタ、と見せかけて、実は……?

 いま〈WEB本の雑誌〉で「50代からのアイドル入門」という連載をやってて、ハロプロ系のライブのレポートはそっちにガンガン書いているんですが、今回の舞台はSFものということで、cakes版SFマガジンの読者諸氏にご紹介すべく出張してきました。

 6月18日に池袋のサンシャイン劇場で初日を迎えた問題の舞台は、「演劇女子部ミュージカル TRIANGLE(トライアングル)」。

 演劇女子部とは、ハロー!プロジェクトの選抜メンバー+演劇女子部プロジェクトのオーディション合格者が出演するプロジェクト。
 ハロプロは2001年から舞台に進出し、2006年からは小劇場系の劇団と組んで「劇団ゲキハロ」という演劇プロジェクトをつくり、7年間に14公演を実現。
「ゲキハロ」が2013年で一段落したあと、2014年1月に立ち上げたのが「演劇女子部」。歌あり踊りありの(宝塚に対抗して?)女性だけの舞台を定期的に上演し、今回が7公演め。SF系だと、昨年5月、半村良原作の「Berryz工房10周年記念舞台 ミュージカル 戦国自衛隊」を(中盤以降はほぼオリジナルストーリーで)上演してますね。ゲキハロ時代の2011年にも、Berryz工房と℃-uteのメンバーをシャッフルして2チームに分け、「戦国自衛隊 女性自衛官帰還セヨ」「戦国自衛隊・女性自衛官帰還セヨ」のタイトルでストレート・プレイ化している。この2回がハロプロがもっともSFに接近した瞬間かも。

 それに次ぐSF度を誇る今回の公演は、モーニング娘。'15から10人が出演(舞台に立たないメンバーにも意外な見せ場が用意されている)。ほかに、演劇女子部プレイング・マネージャーの須藤茉麻(元Berryz工房)と、ハロプロ研修生2人、それに演劇女子部メンバー2人が出演する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuhyuh__ おもしろそうと思ったけど、売り切れみたい……。 4年以上前 replyretweetfavorite

AEbisu cakesでアイドル話といえば、なでksジャパンのみなさん。折をみて大森望×竹中夏海のハロプロ談義なんてやってくれないかな。  4年以上前 replyretweetfavorite

nzm 久々の新原稿ですが、お題はハロプロとSFです。 4年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo まずはこちらです! 大森さんのcakes連載、更新しました。本日は新規書き下ろしでハロプロの舞台について語っています。 4年以上前 replyretweetfavorite