幸福」の測定方法とは?—ウェアラブルセンサが示す幸福 vol.2

人間は自分の主観で「幸せ」を感じていると思っています。しかし、幸せかどうかは加速度センサで測ることができ、さらには遺伝子で幸せを感じる機能はある程度決まっている、と言う研究者の矢野和男さん。ウェアラブルセンサが解き明かす人間の行動法則にはどのようなものがあるのでしょうか。

加速度センサで人間の動きを測ると、共通の特徴が見えてくる前回わかったのは、そのシンプルな事実でした。

それをふまえて今回は、ぼくらが今まで漠然と感じてきた「あるもの」の実態についてです。 さて、その「あるもの」とは……今回はぼくが一番知りたかったこの部分について、矢野さんに聞いてみたいと思います。

幸福は数字で測れる!

— ぼくが『データの見えざる手』を読んで一番気になった部分をお聞きしていいですか?

矢野和男(以下、矢野) どうぞ。

— この本には「幸せは加速度センサで計れる」と書かれています。これは本当なんでしょうか? そもそもどういうふうに幸せを定量化してるんでしょうか。

矢野 人間のハピネスに関する学問というのは、この一〇年間で急速に進歩しています。そのなかで「ポジティブ心理学」という学問があります。私たちは、ソニア・リュポミルスキ教授という人が考えたハピネス(幸福感)を測るアンケートを使って、心を定量化して研究しています。

— でも、それって自己申告ですよね? アンケート調査というのはそもそも信頼できるんでしょうか。

矢野 一人二人の回答ならともかく、大量のデータとセンサを使って大人数の回答を統計解析したので、かなり信憑性は高いと思います。名刺型のウエアラブルセンサをつけてもらってデータを取ったうえで、ハピネスを測るアンケートを採ったんです。その結果、身体運動の特徴と主観的なハピネスとの間には強い相関関係がありました。
  さらに、たとえば毎週「よかったこと」を書くことを続けてもらったメンバーは、ほかの人に比べてハピネスレベルが高まっていたという実験結果も出ています。

— 迷信もある部分では正しかったということなのかな……。「ポジティブなことを口にしましょう」とか「今日あった良いことを毎日書いてると幸せがやってきます」とか、昔から言われてるじゃないですか。胡散臭いと思ってたけど、実際にそれをやるとハピネスが上がるというエビデンスが出たわけですよね。

矢野 はい。

— うーん、不思議だ……。どういうメカニズムによってハピネスが上がっているんでしょうか?

矢野 これは別の家庭で育った一卵性双生児を研究することでわかったことですが、実は幸せを感じる能力というのは半分くらい遺伝子の影響で決まってます。

— え! 遺伝子レベルで半分くらいは幸せが決まっているんですか!?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
“すこしふしぎ”な科学ルポ

海猫沢めろん

漫画家・藤子不二雄氏はかつて、SFを「すこし・ふしぎ」の略だと言いました。そして現在。臨機応変に受け答えするSiri、人間と互角以上の勝負を展開する将棋ソフト、歌うバーチャルアイドル初音ミク、若い女性にしか見えないヒューマノイド……世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nean 続きは有料。 5年以上前 replyretweetfavorite

SLGjpn [あとで読む] 5年以上前 replyretweetfavorite

soshisha_SCI 『データの見えざる手』矢野和男さんへのインタビュー2回目掲載! 5年以上前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「人間って九割くらいは動物で、皮の上にちょっと知性が乗っかってるというふうに考えたほうがいいんで」 5年以上前 replyretweetfavorite