新訳 世界恋愛詩集

月下独酌」李白

こんな時は誰かと飲みたい。何世紀も昔から何ひとつ変わらない、人とお酒の付き合い方。
その人生の大半を放浪の旅と詩作に費やし、中国で最も偉大な詩人のひとり、李白。“詩仙”と称される彼の残した五言古詩「月下独酌」が菅原さんの超訳により現代に甦ります。
Superflyの作詞などでも話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


花にかこまれ 酒でも飲もう


あの子を思って ひとり酒
まあまあ それも悪くないけど


空から 月を呼び寄せて
地面で眠る 影を起こして
さあさあ たまには三人で


月は下戸 影はひかえめ
俺の目は 深い湖 水の色
だけど 飲もうか三人で


俺が歌えば 月もゆらゆら
俺が踊れば 影も舞い
酔いが回れば みんなばらばら


醒めないでくれ もう少し
行かないでくれ 朝焼けに


あの子とは 結べなかった約束を
交わして そっと 別れよう


いつか この身が滅びても
きっと再び 落ち合おう
盃片手  はるか宇宙のかたすみで



「月下独酌」

李白(701~762)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayakubota 【酒】 |新訳 世界恋愛詩集 https://t.co/mQacfVtszD http://t.co/61tvnwZEuY 4年以上前 replyretweetfavorite

zen_eno |新訳 世界恋愛詩集|菅原敏 @sugawara_bin /久保田沙耶 @sayakubota |cakes(ケイクス) 李白とは‼︎ やられたー☆ https://t.co/Z9bUAI3w6q 4年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【雨のち更新】 人生の大半を家を持たずに放浪した、彼の暮らしに思いを馳せつつ https://t.co/zBUXeUY9iN 新訳 世界恋愛詩集 空から月を呼び寄せて 地面で眠る影を起こして 今夜飲もうか 三人で http://t.co/FwBed59EPy 4年以上前 replyretweetfavorite