ファッションを引き立たせるのは自分の姿勢

ファッションにおいて重要なのは堂々とした姿勢。体形にコンプレックスを抱いている人は多いですが、服装に自信をもって堂々とした姿勢でいることでファッションに大きく影響しているそうです。パーソナルスタイリストの大山旬さんが考える、体形よりも大切なこととは?

全身が見える姿見を買おう

何事でも、スキルを高めるためには練習が必要です。ファッションにおいての練習とは、「試着」を繰り返すことです。

さまざまな服に実際に袖を通してみることで、新たな発見が生まれますし、ファッション感覚も少しずつ磨かれていきます。もちろんお店でたくさん試着をするのがベストなのですが、最初のうちはどうしても気恥ずかしいというのも事実です。そんなときに頼りになるのが「姿見」の存在です。

お店が恥ずかしいなら、自宅にある服でいろいろなコーディネートを試せばいいのです。ただし、洗面所の鏡では全身のバランスを見ることができないので、NGです。必ず全身がしっかりと映る姿見を用意してください。新しい服を買ったら、その日のうちに鏡の前でどんな服と合わせるのかを確認することをおすすめします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません