こなれ感」や「遊び心」でアクセントを

ベーシックなアイテムで少し真面目すぎる印象になってしまったときは、少し着崩すことでこなれ感がでるようです。あまり目立たないイメージの靴下は遊び心を出すにはうってつけだそうです。靴下にも手を抜かないことがファッションには重要だそうです。「着崩し感」や「遊び心」でこなれ感をだすテクニックをご紹介します!

こなれ感を出すためのひと工夫

ベーシックな服にはアクセントが必要だと書きましたが、そのときに大切になるのは、アイテムのアクセントだけではありません。もう1つ大切になってくるのが「着崩し方」です。

たとえば白いシャツを着る場合、デザインがシンプルなだけに、ボタンをすべて留めてふつうに着てしまうと、どうしても真面目すぎる印象になってしまいます。そこでおすすめなのが「腕をまくる」という方法です。これは着崩しの基本です。腕のまくり方にも方法があります。まずはシャツの袖の部分を大きくまくり、その後2回ほど小さくまくりあげて完成です。 簡単ですのでぜひ覚えてください。この方法で腕まくりをすることで、こなれた雰囲気がただようようになります。シャツを1枚で着るときにはぜひ腕まくりをして、少し着崩すようにしてみてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oniheiryoichi |一生使える「服選び」の法則|大山旬|cakes(ケイクス) #ファッション #着崩し https://t.co/4CB7uWaz5K 4年以上前 replyretweetfavorite