アクセント」を加えることでマンネリ解消

これまでさまざまなベーシックなアイテムをご紹介してきました。今回からの章ではベーシックなアイテムを更に洗練されたファッションにしていくためのテクニックをご紹介します。マンネリ化してしまったコーディネートから抜け出すための、インパクトあるアクセントカラーの使い方は必見です。シンプルなコーディネートに少しだけアクセントを加えることで更に魅力が引き立ちます! 大山旬さんの新刊『できればお金と時間を使いたくない人のための一生使える服選びの法則』の内容をcakesでもお届けしていきます。

大人のファッションの基本色を知る

ここまでの内容を読んで、ファッションの基本はつかんでいただけたのではないかと思います。この回からは、さらに具体的に、大人のファッションを洗練させるための知識や、簡単なテクニックをご紹介していきます。

お店には、さまざまな色の服が並んでいます。選択肢が多いというのはありがたいことなのですが、正直目移りしてしまいますし、何を選んでいいのかもわからなくなってしまいますよね。

しかし、これまでの内容で、たくさん並んでいる衣服の中で本当に選ぶべきものというのは意外に少ないことに気づいたのではないでしょうか。10着の服が並んでいるときに選ぶべき服は2〜3着くらいだと思ってもらってもかまいません。

「アイテムの選び方編」でも個々のアイテムごとに説明しましたが、大人のファッションにはベーシックな色づかいというものが存在します。多くの服の中からよいものを選ぶうえでは、まずは自分が好きな色を優先する前に、着こなしの基本になるようなベーシックな色合いの服をそろえていくことが大切です。

ベーシックな色の服は、流行に左右されることはありませんので、来年はもう着られないといったことはまずありません。一度買えば長く着ることができますし、どんなものにも合わせられます。

「ベーシックな色」とは具体的には、ネイビー、グレー、白、ベージュ、淡いブルー、 焦げ茶、黒などが該当します。

まずはこれらの色合いのものを中心に、お店で服を選んでみてください。これらの色同士でしたらコーディネートもしやすいですし、他の色と合わせても失敗するようなことはほとんどありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tawiga 参考になるねー 約3年前 replyretweetfavorite