服選びの成否を決める「3分間の我慢」とは?

普段は着ないけれど、この服は素敵だから挑戦してみたいというアイテムに出会ったとき、試着した自分の姿を見てやっぱりダメだった、とすぐ諦めてしまう方はいませんか? そんな時、大切なことは「3分我慢してみること」だそう。パーソナルスタイリストとして活躍している大山旬さんの新刊『できればお金と時間を使いたくない人のための一生使える服選びの法則』の内容をcakesでもお届けしていきます。

服選びの成功は3分間の我慢にかかっている

試着をした後に心がけてほしいのが、試着室の外に出て、大きな鏡で全体を確認するということです。そして必ず、店員さんにも確認してもらってください。

身体に合っているか。袖の長さは適正か。そもそも似合っているか。店員さんからの客観的な意見をもらうことが大切です。もし似合っているか不安に感じた場合は、「この服、あまり見慣れないのですけど似合っていますか?」と店員さんに素直に聞いてみるといいでしょう。体形にコンプレックスがあり、店員さんに見てもらうのは恥ずかしいという方も多いかと思います。ですが、店員さんは毎日さまざまな体形の方を接客していますので、そんなことはまったく気にしていません。恥ずかしがらずに、店員さんに客観的な意見をもらうようにしてください。

ちなみに、今まであまり着たことのない服を試着する際のポイントが1つあります。それは「似合うかどうかは3分待ってから判断すること」です。これは私がお客さまに服をおすすめする際に必ずお伝えしていることです。これまであまり着たことのない服を着ると、多くの方が「自分には似合わない」と感じてしまうものです。それも無理はありません。見慣れていないものは似合わないと感じてしまうものなのです。

ですので、試着をしてすぐに「似合わない」と判断してしまうのではなく、鏡に映った自分の姿を見て、少しずつ見慣れるようにしてみてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません