服にも「買いどき」がある!

服選びのうえでは「店員さんと相談しながら商品を選ぶこと」が大切だとお話しました。しかし、お店が混んでいるときには、なかなか店員さんをつかまえることができないもの。相性のいい店員さんを探して、きちんとコミュニケーションをとるには、服の「買い時」が大切になります。パーソナルスタイリストとして活躍している大山旬さんの新刊『できればお金と時間を使いたくない人のための一生使える服選びの法則』の内容をcakesでもお届けしていきます。

いつ買い物に行けばいいのか

ファッションに苦手意識のある方のなかには、そもそも「服を買いに行くのが苦手」という人もいるかもしれません。せっかくの休日にわざわざ買い物に出かけるなんて……という気持ち、わかります。混雑した中にいるとそれだけで疲れてしまいますよね。

落ち着いて服を買うためにも、買い物に行くタイミングはとても大切です。店内が混雑していては、そこにいるだけでどっと疲れてしまい、正しい判断ができません。

結論からお伝えしますと、曜日にかかわらず朝一の時間帯を狙って買い物に行くのが ベストです。朝一の時間帯は1日で最もお店が空いているタイミングです。なので、ゆっくりと試着をして、ていねいに服を選ぶことができるのです。現場の店員さんにもお話を聞きましたが、やはりお店が空いているタイミングに来てもらったほうがゆっくりとアドバイスができるし、親身になって対応することができるとのことでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一生使える「服選び」の法則

大山旬

服はスーパーや量販店で買うことが多い、学生時代と着ている服がほとんど変わらない、ぶっちゃけ母親や奥さんに服を買ってきてもらっている……服選びに自信がなく、「服なんてどうでもいい」と思って暮らしていませんか? しかし、服は日々のあなたの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Koma_Studio 月、火くらいで補充と新商品展開するだろうから、水の午前とか結構狙い目な気がする。あとは旗艦店、大型店の多い銀座、渋谷、新宿とかで基本買い物。 | 4年以上前 replyretweetfavorite

hirarisa_R いつ買い物に行けばいいか問題 4年以上前 replyretweetfavorite