家族無計画

どこからが浮気?」デス妻に学ぶ感情論

実に40%以上がセックスレスにおちいっているという日本の夫婦たち。その現状を憂いる家入明子さんは日本のセックスレス解消にはどうしたらいいかを日々考えています。そんなとき、視聴したのが人気海外ドラマ「デスパレートな妻たち」。波瀾万丈のデス妻たちの日常から、明子さんが読み取ったヒントとは?

私はかねてより、よその夫婦のセックス事情に並々ならぬ関心を持っている。

……と言うとただ変態のようだが、今や44.6パーセントがセックスレスだという日本の夫婦環境。夫は家に帰りたくないわ(過去参照)、セックスレスだわで、日本の夫と妻に希望はないのだろうか、いやきっとあるはずだ、探し出してみせる!という止むに止まれぬ使命感を、誰に頼まれたわけでもないけど感じている。それで、誰に頼まれたわけでもないけど、数年来、地道に実態調査を進めているのである。

で、その一環として、今更ながら「デスパレートな妻たち」を観ている。

デスパレートな妻たち シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
デスパレートな妻たち シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

我々日本人の多くが、欧米人は息をするようにセックスをしているという印象を持っているかと思うが(持っていますよね?)、その実どうなのか確かめたかったからである。ところがこのドラマ、思いのほか長い。Wikipediaによれば全180話もあるらしい。なかなか最後までたどり着かないのでセックス事情に関する調査結果は後日改めて報告させていただくとして、今日は、現在シーズン4の途中まで見進めた段階での、セックス事情以外の所感について書きたいと思う。

「デスパレートな妻たち」とは、ご存知の方も多いかと思うが、2004年に第1作がアメリカで製作され、その後日本を含む世界各国で話題となった人気連続ドラマである。

内容を端的に言うと、ご近所に住む仲良し主婦たちのドタバタ劇。主要な登場人物4名は以下のとおりである。

・ バツイチ子持ちのドジっ子イラストレーター、スーザン
・ ガーデニングと料理が得意なコンサバ専業主婦、ブリー
・ 格下夫と結婚した子沢山キャリア妻、リネット
・ セレブ婚したが空虚さを拭えない元モデル美人妻、ガブリエル

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

強く愉しく新しい“家族論”エッセイ、ついに書籍化!

家族無計画

紫原 明子
朝日出版社
2016-06-10

この連載について

初回を読む
家族無計画

紫原明子

「日本一炎上しがちな夫」こと、起業家の家入一真さんと結婚した家入明子さん。現在「ソーシャル主婦」として、家入家独特の育児の話や、夫婦間のデリケートな話題に切り込む記事をブログで発信し、話題となっています。そんな明子さんが、ブログよりも...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

enrique5581 客観的で中立であることが”オトナ”みたいに思いがちだけど、ときには「主観的な想い」を主張できるのが大人。 2年以上前 replyretweetfavorite

moe_sugano 今回のお話は、わたしがいつも言ってることと根っこが7同じなので、とても激しく同意デス。 2年以上前 replyretweetfavorite

Njin119 我が家も「嫌なものは嫌」になりがちなので、もう少し論理的に激詰めしていきたい。_ 2年以上前 replyretweetfavorite

o3o3 「「居心地が良い」が損なわれたと感じたら、一般的、常識的にどうだろうと、正々堂々と「不愉快だ」と主張していいはずなのだ。」激しく同意だぜ。→ 2年以上前 replyretweetfavorite