第9回 こじらせ女子と壇蜜と『ハウルの動く城』の3人の女子について【どうして女性は「引き裂かれる」のか】

最近よく聞くキーワード、「こじらせ女子」。なんとなく「痛い」存在に見られがちな彼女たちではありますが、果たして「こじらせ」とはなんなのか? 2013年第1回目の更新は、そんなこじらせ女子たちについて、二村さんが分析します!

大晦日の朝に「こじらせ女子」について考えたこと

大晦日の早朝に、cakesでもおなじみの皆さんもよく登場するTBSラジオのトーク番組『文化系トークラジオ Life』のスタジオにお邪魔しました。そこで2012年を振り返るトピックの一つとして「こじらせ女子とは、なにか?」っていう話になったときのこと。

メイン・パーソナリティーである社会学者・鈴木謙介さんに「そもそも《女子》ってなんなんですか、二村さん?」とふられて、げげっ本質的なとこ突くなー、と思いながら、正直それについては何も考えていなかったので反射的に「えーと、うーんと、教室で女の子が『男子は黙ってなさいよ!』って怒ってるときの《男子》の逆じゃないの……」って口走った。

そしたらチャーリー(←なぜそう呼ばれることになったのか事情は知りませんが、みんながそう呼んでる鈴木さんのあだ名)が「なるほど! 女性の《ホモ・ソーシャル》ってことか!」と拾ってくれて、あっ俺は自分が無意識に口走ったことの意味をいま理解した。さすがチャーリーすげえ……、と本気で感動したのはいいけれど、その後僕は、あまりうまく喋れませんでした。喋りたいことが、たくさんありすぎたのです。
それでかえって命拾いをしたのかも知れない、というのは放送後に「男子は黙ってなさいよ!」という怒りの声が、あちこちから上がったからでした。

しかし年が明けてこの原稿を書いていて、拾った命をわざわざ捨てにいくようなことをなぜしているかというと、そもそもこの連載が【その問題】を避けては通れぬというより【その問題】こそが話の中心であって、【その問題】を通して「女と男をつなぐ」「女と男の間の溝を、なんとか乗り越える」ために始めた連載だから。もちろん今回一回で書ききれるような問題ではないので、ゆっくり書いていきます。外堀を埋めるような感じで、関係あるようなないような話を箇条書きにしてみますね。なぜなら書きながら自分でも何をどう書けば言いたいことがうまく伝わるのか、わかってないからだ! そのくらいデリケートな話なんだよ!(←逆ギレ)

(1) 女の子は「《男子》は黙ってなさいよ!」って怒るけれども、子どもの男は「《女》は黙ってろ」って言うよね……。『大奥』(白泉社)や『きのう何食べた?』(講談社)の作者であるマンガ家のよしながふみさんが「女たちの苦しみは、分断されている。だから共闘しにくい」ということを、たしかどこかで述べていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sanukimichiru ケイクスの年間ビューランク7位です。面白い。我々はニュートラルな立場で男女について語ることが不可能な場所にいる。 4年以上前 replyretweetfavorite