人は、もう居ない誰かとつながりあって生きている。

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず――今、一番見たい“四姉妹”が実現したと評判の映画『海街diary』。監督の是枝裕和さんが音楽をお願いしたのは、多彩な音楽性で熱狂的なファンの多い菅野よう子さんでした。お二人が制作の中で見出したのは、「これは鎌倉四姉妹物語ではない」ということだったそうです。季節を巡り、小さな変化を重ねることで、作品の中で奏でられたものはなんだったのでしょうか。

運命の出会いは、長澤まさみのひとことだった。

— 『海街diary』は観終わった後もしばらく余韻が消えませんでした。これは映像と音楽と俳優の演技、すべての要素が溶け合っているからなのかなと。

是枝裕和(以下、是枝) ありがとうございます。菅野さんとは初めてご一緒しましたが、すごく緻密なやりとりができたし、たくさん影響を受けました。撮影中、音楽をいただくたびに編集も変化して。実は、最後の編集を終わる頃、完成形の音楽をいただいてからも、またちょっと編集し直したんです。

菅野よう子(以下、菅野) 本当ですか?(笑)

是枝 はい。とても素敵な曲なので、映像と音の当たり方をもっと気持ちよくしたいなって。

『海街diary』

菅野 うれしいです。

— 是枝さんが今回、菅野さんにお願いしようと思ったのはどうしてですか?

是枝 きっかけは、四姉妹の次女役を演じた女優の長澤まさみさんなんです。今回の現場は、休憩中も女優さんたちが全然控室に戻らなくて(笑)、僕やスタッフと一緒に談笑していることが多かったんですけど。ある時、僕がスタッフと「音楽どうしようか」っていう話をしている時に、長澤さんが「菅野さんはどうですか?」と名前を挙げてくれて。

菅野 その話を聞いて、すごくびっくりしました! 長澤さん、どこで知ってくれたんだろう?

是枝 映画『ハチミツとクローバー』の音楽みたいですよ。

菅野 すごい!『海街diary』とは全然違う映画なのに、思い出してくれたんですね。

是枝 そう。長澤さんは、あの作品の音楽が好きだったんですって。そこで、パソコン上で編集中の映像に、菅野さんの既にある曲を当ててみたんですよ。『ごちそうさん』の劇中歌だった『モスリンマアチ』を、すずと風太が自転車に乗って桜並木を駆け抜けて行くシーンに合わせてみたら、ものすごくピッタリで!「あぁ、これは誰かがこうしろって言っているんだな」と感じて、すぐにスタッフに連絡を取ってもらいました。

菅野 あの曲は、『ごちそうさん』のプロデューサーに「食がテーマのドラマだし、“人は命を殺めてとりこんで生きていく”という命の複雑さ、それを受け入れて生きる女性のたくましさを音楽に込めて欲しい」とオーダーいただいてつくった曲なんです。ものっすごく根底のところでは、この作品とも通じていたのかな?(笑)

言葉ではなく“音”と“映像”で会話した

— 菅野さんは、映画もドラマもその作品のテーマや魅力を深くくみ取りながらも、ドラマティックな音楽をつけられますが、本作の音楽はどのようにアプローチしていったんですか?

菅野 是枝さんの脚本と映像のみでイメージをふくらませていきました。映画は監督の作品だから、まずは敢えて原作を読まずに、まっさらな状態で挑みたいなと。打ち合せで監督とたくさんお話もしたんですけど、監督の「言葉」は聞いていなかったです(笑)。

— 聞いていなかったといいますと?(笑)

菅野 脚本もそうですけど、言葉が意味する内容と、その奥にある感情って別物ですよね。「元気です」と言いながらも、実は悲しいとか。その感情の下には、さらに過去からの突き上げや無意識の世界があると思うから。そこまで深掘りして、深みから吸い上げたものを音楽にしたいと思うんです。

— なるほど。

菅野 たとえば、今回、是枝監督の最初のオーダーは、「弦楽四重奏にしたい」だったんです。四姉妹をヴァイオリン、チェロ、ビオラにみたててね。意図はよく分かるんですけど、それは頭で考えた世界なんです。耳でとらえる言葉の下には、ざわざわしていて嫌だなぁとか、でも好きだなぁっていう不協和音のような心の動きがある。でも、それも氷山の一角で。さらにその下には、それらの感情さえ動かす無意識の大きな世界がある。死とか暗闇とか、人類、動物に共通するもの。

— とても根っこの感覚ですね。

菅野 そう。「ひとりになると安心するけれど、なぜかさびしい」みたいなものとかね。そちらもくみ取った音楽を作りたかったというか……、これ言葉で説明するのはすごく難しいです!(笑)

是枝 わかります(笑)。僕も未完成の映画のことを「こういうことがやりたいから、こういう音楽を」って説明できないんですよ。だから、結局は、言葉ではない部分でキャッチボールしていましたよね。菅野さんが「こういう感じですか?」と上げてくれたものを映像に当てて、「良いです!」とか「少し違いますね」とか。

— 具体的には、どんなキャッチボールがあったんですか?

是枝 最初、菅野さんは長女の幸に寄せて、もっと大人っぽいジャズみたいな音楽を書いてくださった。でも、編集中の映像を見せたら菅野さんのほうから「先日のdemoはちょっと違いました。クラシカルな雰囲気に振ったほうがこの世界に合うと思う」って。それで新たに書かれた曲をあててみたら、「こういうことだったんだ!」と。

菅野 映像を観た時に「これは答えがわかる類いの話じゃないんだな」と思ったんです。最初は人間の感情とか、四姉妹に寄り添った音楽を作っていたけれど、そうじゃない。この世界には、流れゆく大きな時間やめぐる季節があって、4人は“私”という日々を野良猫のように生きている存在、と映った。
 だから、音楽もその世界にあるひとつの要素。たとえば、寄せては返す海の波のように、お日様や星の光のようにいつもそこにあるけれど、問答無用に刻一刻と変化していくものとして、存在したいなと思ったんです。

— すごく伝わりました。姉妹が生きている世界のどこかで流れているような美しい音だなと。それと、自然の四季のうねりや変化する風景のように、とても豊かな音楽であり、映画だなと感じました。

菅野 制作しながら私も「豊かでありたい」とは思っていたんです。豊かさって、わかりやすく言うと、メロディも楽器の編成もミュージシャンの演奏も、情報をすごく入れてあるんです。音響にも、深みとか広さとか複雑なレイヤーがある。でも、ぱっと聴いた時には、さらっと耳心地が良くて気付かないもの。隠し味のスパイスのようなものがたくさん入っているほうが合う映画だなと思ったから。

是枝 そうですよね。僕も菅野さんにこの音楽をいただいた時、「これは鎌倉四姉妹物語ではない」っていうことを改めて自覚して。時間とか街とか人や命の営みとか、大きなものにつながって行く話なんですよね。音楽と同様に、どう重層的にレイヤーを見せるかを考えました。姉妹のことを描きながらも、その背後には離れていた人やもう居ない人の気配も感じさせたいなと。
 たとえば、すず(四女、広瀬すず)はずっと離れていたのに幸(長女、綾瀬はるか)に似ていたり、千佳(三女、夏帆)は父親の記憶はなくとも会話から感じ取ったり。原作もそうですが、人は自分だけじゃない、他者とつながりあっているし、今だけじゃない、もうここに居ない人ともつながって生きている。そこを描けたら、表層的な物語じゃなくなるなと。話していると改めて、音楽とすごくリンクしているし、影響を受けているんだなと思いました。

弱みをさらけ出すこともいとわない

— ともに制作することで素晴らしい化学反応が起きたんですね。

菅野 是枝さんって不思議な人なんです。監督さんによっては、「これはこういう話です!」って先にキャッチコピーみたいなものを提示して、みんなでそこを目指そうっていう人もいるんです。でも、是枝さんは決めない。聞くたび話すたびに異なる答えが返ってくるんです(笑)。
 人と会話する中で見えてくるもの、見つけるものを大切にしているからですよね。先に考えておいた答えを言うのではなくて、“今”に対峙する人。だから、今日はこうだけど、明日は変わっているんだと思う。

是枝 行き当たりばったりでスミマセン(笑)。

菅野 そこが素敵です。この瞬間に目の前の相手とどれだけ濃密に関われるかっていうのは、今の私にとってもすごく大事なことだから。だって、震災があったりすると、明日はどうなるか分らない。非常事態のとき、いわゆる正義や正しさだけを掲げずに、その時のグルーヴを出し合ってやりとりできるっていうことは強さだと思うから。

— 今に対する集中力とグルーヴ感をもって、相手とのやりとりを大切にしたからこそ、“生まれたもの”ですね。

是枝 そう言うとカッコいいけど(笑)、毎回、現場に入らないとホントわからないんですよ。その時々、ご一緒する相手次第で変わるから。でも、現場で女優さんに「音楽は何がいいと思う?」って聞いているくらいだからね。監督としては、なかなか弱みを見せているなって思う(笑)。

菅野 自分をさらけ出しているってことも素敵なことだなと思います(笑)。

次回、「『ここにいていい』ということを歌えるよう」は、7/2更新予定

構成:芳麗 撮影:渡邉有紀


『海街diary』予告篇全国東宝系にて好評公開中

監督・脚本:是枝裕和
原作:吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
音楽:菅野よう子
撮影:瀧本幹也
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず 他

dmenu

この連載について

是枝裕和×菅野よう子「四姉妹物語だけではなく、寄せては返す波のように」

是枝裕和 /菅野よう子

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず――今、一番見たい“四姉妹”が実現したと評判の映画『海街diary』。監督の是枝裕和さんが音楽をお願いしたのは、多彩な音楽性で熱狂的なファンの多い菅野よう子さんでした。お二人が制作の中で見出したの...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

shirogasuri 「海街」のサントラほしいと思ってたんだ。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

hana_classic 見つけた◖ฺ| ˘ω˘ |◗·˳♪⁎˚♬ 1年以上前 replyretweetfavorite

m_um_u すばらしい対談。書こうと思ってたことが先行して話されてた(是枝監督的には最初は「花よりもなほ」的な感じで鎌倉四姉妹物語だったのだろうけどそれは原作に引きづられる感じでそれを菅野さんが引っ張りあげった 約2年前 replyretweetfavorite

nowhereman17 長澤さんはハチクロ好きだったのか。 ☞ 約2年前 replyretweetfavorite