次はアジアの時代らしい

「これからはアジアの時代」そんなふうに言われ始めて、もう四半世紀以上が過ぎようとしています。「「使える英語」を手にしよう!」著者の松井博さんも、50歳目前に、遅まきながらアジアに進出することに。しかも……遠い遠いアメリカから。「百聞は一見にしかず」と実際にアジアに旅立った松井さんが抱いた印象は? 松井さんがフィリピンで起業するまでを描く、集中連載です。

 時代はアジアらしい。

 初めてそう感じたのは、アジア就職研究家で知られる森山たつをさんとお会いした時のことだった。熱気にあふれるアジア諸国の話を聞き、漠然とした興味がわいた。

 次は大石哲之さんと共同講演を開催したときのこと。ベトナムを中心としたアジアの生活や仕事の模様、アジアがホットなのよくわかった。でも、まだ自分に直接関係のある話としては響かなかった。

 具体的な興味を持ったのは、前述の森山さんと共同講演を開いた時のことだった。初めて知ったフィリピン英語学校の存在。フィリピン? 英語? マンツーマンでたくさん話せ、比較的短期間で会話慣れするという。実際にレッスンを受けた人の様子をビデオで見せていただいた。1ヶ月前と後の自己紹介の様子。発音が劇的に向上し、単語と単語の間に入る「あ〜」「う〜」といったフィラーがすっかり消えている。がぜん好奇心がそそられた。

 そして年が明けた2014年の2月。知り合いのお子さんが、セブ島にある語学学校に留学した。帰ってきた本人からさまざまな話を聞き、この「漠然とした興味」が、具体的な興味へと形を変え始めた。

遠くて熱いアジア
 しかし、そうはいっても僕が住んでいるアメリカとフィリピンではあまりに遠い。自分が太平洋をまたいだ向こう側に英語学校を設立し、経営するなんて果たして現実的なのか……。しかしまず百聞は一見にしかずと、久しぶりにアジアへと行ってみたのだ。

 まず最初の渡航先はマレーシアのクアラルンプール。なぜクアラルンプールかというと、知り合いが何人も住んでいるし、かつて滞在したこともあるしで、実際にアジアがどのくらい発展したのか測るのに、ちょうどいいと思ったからだ。日本で講演を何本か済ませると、僕は飛行機に飛び乗って25年ぶりにマレーシアの大地に降り立った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamadanoima やっぱりホットなんだな〜〉 4年以上前 replyretweetfavorite

tawitter1011 お!松井さんの記事。僕もマレーシア行ったとき全く同じ印象でしたね。 4年以上前 replyretweetfavorite

suni あーちょっと後で読む! 4年以上前 replyretweetfavorite

ryohei_z 早く続きが読みたい。東南アジアにいると1年1年国が豊かになってることが実感できる。 4年以上前 replyretweetfavorite