ついにたどり着いた秘密基地 

第二次世界大戦当時、休戦の報せを聞いても、戦いをやめずにドイツ軍の包囲網を突破して、南に向かったルネおじいちゃんと部下の兵士たち。食料もほとんど無いなかで南に進み続けた先にある「秘密基地」とは、なんだったのでしょうか。(初回はこちら

 「秘密基地」という言葉には、わくわくさせられたものだ。

 段ボールの空き箱の中で、公園の防災倉庫の裏側で、誰から隠れるでもなく息をひそめるのが好きだった。家族の声が、友達の声が、すぐ近くのはずなのに遠くなる。そして、ひそやかな目に見えない膜に—“秘密”という言葉に—まるく包まれていくようなあの感覚が好きだったのだ。

 それは、遠いフランスで育った私の妻にとっても同じことだったらしい。ブルゴーニュの森深くの大木に、ちょこんと寄りかかるような秘密基地の残骸を、私も見せてもらったことがある。

「せっかく作ったのに、村のガキどもに壊されたんだよ!」

 今は大人になった妻が、子どもみたいな顔でぷんぷん怒っていた。

「弟たちといっしょに、少しずつ作ったんだよ。中でお菓子を食べたりして、楽しかったなぁ」

 そんな子ども時代のことを昨日のことみたいに語れるのは、彼女が心の中の秘密基地を守り続けてきたからだと思う。壊されても、その残骸を背に故郷を離れても。

 1940年6月。

 妻や私が生まれる前、第二次世界大戦のさなか。私たちのおじいちゃん、当時22歳だったルネおじいちゃんは、南へ向けてアクセルを踏んでいた。肩書はフランス陸軍中尉。部下の数は100人。ただし、追っ手の数はまったくわからなかったのだという。

「フランスの北側はもう、ナチスの奴らに我が物顔で踏み荒らされてたんだよ……もちろん、パリも含めてね。だから俺たちはとにかく、まだドイツ兵が少ないような方へ向かって行ったんだ」

 ルネおじいちゃんはそう言うと、手のひらを下に向け、すうっと下げるようなしぐさをしてみせた。目の前に思い浮かべたフランスの地図上を、南に向けてなぞるようにして。

 そんなルネおじいちゃんに、その孫は—つまり私の妻は、心配そうな顔でこう聞いた。 「でも、おじいちゃん、南に行っていったいどうするの? もうフランス軍には武装解除命令が出ていたんでしょう」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ルネおじいちゃんと世界大戦

牧村朝子

第二次世界大戦終戦から、今年で70年。「戦争」という言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? 日本人にとっての戦争は、映画や教科書や遠い国のニュースの中のものとなりつつあります。そんな中、フランスで国際同性婚を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri 「何か言おうと考えた。何の言葉も出なかった」 約4年前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu ナチスに追われ、470kmの逃避行。けれどその旅は、決して“逃げるため”ではなくて―― ノンフィクション「 約4年前 replyretweetfavorite