1日19時間半。氷水に足をつけながら勉強した日々【前編】

ノルウェーの記録的ベストセラー『ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう――あなたの実力を全開にするレッスン』を監修された山口真由さん。東京大学法学部で首席をとり、3年生時に司法試験合格、4年生時に国家公務員1種試験合格、現在は弁護士として活躍しながら執筆やタレント活動も行っています。そんな山口さんが、「人生で最も努力した」のは、司法試験前に19時間半の勉強を2週間続けたときのこと。そのときの経験は、現在の人生にどのような影響を与えたのでしょうか?

19時間半勉強しつづけたら幻聴が聞こえた

— ノルウェーのベストセラーである『ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう』、cakesでも好評です。今回は監修をなさった山口さんご自身の努力の経験などをうかがっていきたいと思います。

山口真由(以下、山口) よろしくお願いいたします。

— 山口さんは、東大法学部で首席をとり、在学中に司法試験・国家公務員I種試験に合格、現在は弁護士として活躍しながら、タレント・執筆活動も行われています。なみなみならぬ努力をされてきたと思うのですが、そのなかでも「これは頑張った!」と言えるのはなんでしょうか。

山口 私自身の人生を振り返ると、ここ2年ほどは著作やメディアの仕事などを中心とした「アウトプット」をしていますが、それまでは「インプットの20年」、もっと言えば「勉強の20年」でした。中でももっとも努力したといえたのは、司法試験の前に1日19時間半勉強したことですね。それを2週間続けました。

— 19時間半って、起きている時間全部ということですよね……。

山口 眠る時間を削り、ごはんの時間を削り、お風呂の時間を削り、余暇をすべてなくして。洗面器に水を張って氷を入れて、そこに足を浸けて寝ないようにしたんです。10日ぐらいで幻聴が聞こえるようになって、本当に気が狂うかもしれないと思いましたけど、2週間を終えたら、幻聴もピタッとやみました(笑)。

— 想像を絶するエピソードですが、その2週間で、何か得たものはありますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

ダントツになりたいなら、あきらめてはいけない—山口真由インタビュー

山口真由

ノルウェーの記録的ベストセラー『ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう――あなたの実力を全開にするレッスン』を監修された山口真由さん。東京大学法学部で首席をとり、3年生時に司法試験合格、4年生時に国家公務員1種...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

asari_kudo 山口真由さんと言えば、諦めそうになった時や『今日はここらでやめよっかな』って時に思い出すお話。 2年弱前 replyretweetfavorite

miki_524 頑張ろう!!!!!廃人の自分が本当に恥ずかしい。。。 https://t.co/OdeLDIq0s2 3年以上前 replyretweetfavorite

ushisantoasobu "本田選手は、そんなに飛び抜けていなかった高校時代の時点で、自分たちにとっては恥ずかしいような「世界を目指す」っていう目標を掲げていたということなんです" amazing!! https://t.co/wugUzcPRN4 3年以上前 replyretweetfavorite

katsuhisa__ >ワークライフバランスを選ぶなら、「社会人になって最初の段階で、あなたが目指す分野で一流になることをあきらめることにもなりますよ」という部分を、きちんと伝えるということですよね。 3年以上前 replyretweetfavorite