サードウェーブ系男子」は何を味わっているのか?

先日、日本に上陸し話題になったアメリカの「ブルーボトルコーヒー」。長蛇の列が並ぶほど日本で人気なのですが、なんとヨーロッパ方面では、アメリカのコーヒーの評判はすこぶる悪いそう。不思議に思った中村綾花さんでしたが、日本で人気の理由は味ではなく、そのスタイルにあると聞いて納得したそう。それでも、中村さんは、彼らが志向する「上質な暮らし」を称することに異論を唱えます。中村さんが思う本当に心が満たされるライフスタイルとは?

日本ではアメリカのコーヒーショップが話題だけど……

東京では「ブルーボトルコーヒー」というアメリカから来たコーヒーが話題を呼んでいるようですね。

行列ができるほどの人気という話を聞いて私は 「なんでアメリカのコーヒーがそんなに人気なの?」という違和感を感じました。

というのもヨーロッパ方面では、アメリカのコーヒーは「靴下のしぼり汁」と揶揄されるほどゲロまずなことで有名だからです。

実際、私も10年ほど前にアメリカでコーヒーを飲んで、そのまずさに絶句した覚えがあります。元々コーヒー嫌いな私ですが、NYでよくあるコーヒーは黒くて苦いお湯にしか感じられず、まさに「靴下のしぼり汁」味。ますますコーヒーが嫌いになりました。

イタリア人の友人はアメリカのまずいコーヒーを飲むことを拒否し、毎朝自分で淹れたエスプレッソコーヒーボトルを持ち歩いていたほどです。

まあ、今住んでいるパリのコーヒーも別においしいわけではありません。これにはどうやら、パリのカフェへのコーヒー豆の卸しを単一の業者が牛耳っていって、そこの豆がまずいからのよう……。

美味しいコーヒーとの出会いは、まさかの空港で?

そんなコーヒー嫌いの私が、人生33年目にして本当においしいコーヒーと出会い、コーヒー好きになる奇跡が起きました。

イタリアからパリへ帰る格安飛行機を待っている時のことです。空港のロビーにあるカフェカウンターから、挽きたてコーヒーの香りがただよっていました。その香りにつられてついコーヒーを注文してしまったのです。

香りから味から全てが違うイタリアのコーヒー

すると……コーヒー・ルンバよろしく、心うきうき〜とっても不思議このムード〜たちまち私はイタリア男に恋をした〜♪ というのはおおげさですが、足元が浮いて小おどりしそうな気分になるほどおいしかったのです。

あまりのおいしさに「なんでイタリア滞在中にもっと飲んでおかなかったんだ!」と激しく後悔しながらパリ行きの飛行機に乗ったのを覚えています。

だからそれくらいおいしいイタリアのコーヒー屋が日本に上陸し、行列を作るほど人気というのなら納得できるんです。でも今話題になっているのはアメリカのコーヒー。10年前に比べたらおいしくなってきているという話ですが……。本当かなぁ。

サードウェーブ系男子とヒップスター、BOBOの違いとは?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koyuki_higashi パリのコーヒーが美味しくない理由に納得!ああイタリアでコーヒー飲んでみたい! 2年以上前 replyretweetfavorite

autumbright 「「上質」という言葉は「質がよいもの」、「高級なもの」を表すわけで、結局は誰が見ても「良い」と思える価値のこと」 2年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan アメリカのコーヒーは靴下の搾りかす味!? 2年以上前 replyretweetfavorite

uwajun 全体的に何が書かれているか分かりにくかったけど、流行りの空間に自分を置いてみて、その絵面を妄想してwktkするような人が集まってるのかな(´・ω・`)  2年以上前 replyretweetfavorite